読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くちにする

食べること話すこと

スッポンに挑む

「肌ぷり髪ツヤになっちゃうかしら?お家で調理実習ツアー」をしてきました。

アメ横で生きたスッポンを仕入れて
→お店のおにいさんに実況講習付きで捌いていただいて

→仲良しクラスメイトさんのお宅で料理

というコース。

 

f:id:msjtjk:20170209172841j:plain丁寧に捌いてもらった活きの良いエネルギッシュなスッポン。

今回は4人で2匹を贅沢にいただきました。

 

f:id:msjtjk:20170209172739j:plain新鮮なのでさほど臭くはないのですが、湯通しをして皮を剥きます。

 

 

f:id:msjtjk:20170209172912j:plain要領を得ていないので思いの外てこずりました。

お顔もキレイに剥きます。

 

f:id:msjtjk:20170209172934j:plain煮込んでいる間にティータイム。

お茶の先生であるクラスメイトさんに美味し〜い紅茶を淹れていただきました。シアワセ。

 

f:id:msjtjk:20170209173001j:plain足はグリルで焼きます。

多種類取り揃えているお塩の中から合いそうなものを皆で吟味。

 

f:id:msjtjk:20170209173057j:plainいいおダシの出た鍋に、たくさんのキノコとお野菜。

 

f:id:msjtjk:20170209173122j:plain緑豆ごはんをおともに。

 

f:id:msjtjk:20170209173152j:plain

足はグリルに限ります。

脂の有無は捌くときにお願いできるので、次回からは残してもらおう、が決定事項。
脂のコクはマストでした。

 

f:id:msjtjk:20170209173221j:plain仙草ゼリーに茹でたお豆をトッピング。

黒蜜をかけたところに少しのドライイチジクが最良のアクセントに。

 

ポップな題名と画像が笑顔なので不真面目な印象かもしれませんが、食に対する気持ちは真摯であります。

他の命をいただいて自分の命を永らえる
食育の根本です。
きっちりと無駄なく美味しく頂戴しました。